作業を効率化するのに有った方が良いものハード編

面倒くさいことをやる

オーストラリアAmazonで広告も使わず単純転売だけで年間1億円弱売り上げている会員さんがいます。

しかし、売上を上げるためには面倒なことをしたほうが有効です。

面倒なこととは

広告

カタログ作成

カタログ作成のメリット 日本やアメリカで売れているのにオーストラリアAmazonにカタログが無い商品を販売出来る。

※バグとしか考えられないメリットが発生中です。 

カタログ作成のメリットとデメリット パスワード記事

英訳しないと納品出来ない商品を扱う等です。

面倒なこととは具体的には何するのが知りたいというリクエストが有れば解説記事を作ります。

お気軽にリクエストしてください。

専任担当サポート内容

専任サポートは次の3点を聞いて来ます。

質問1

今年 AU に新しい ASIN を導入する予定はありますか?

Amazonの狙いと対策

商品カタログを作ってオーストラリアAmazonの商品を増やしたい。

そして独自カタログを作るのが売上を伸ばすのに効果的だという事です。

質問2

今年の AU の広告予算はいくらですか?

Amazonの狙いと対策

広告を沢山使って欲しい。

そして広告を使うのが売上を伸ばすのに効果的だという事です。

質問3

あなたのピークシーズンはいつですか?

Amazonの狙いと対策

ピークシーズンに向けてカタログを増やして広告を使ったりキャンペーンやプロモーションを使って欲しいという事です。

3つの中で誰でも取り組めるのが広告。

実際に広告を使うとカート取得率が上がっています。

会員さんの中には広告も使わず、カタログも作らず、単純転売だけで年間100万ドル弱の売上を上げている猛者もいます。

しかし、広告を使い、新規カタログも作ったほうが売上を伸ばせる可能性は高いです。

Amazon担当サポート

I will be your new Amazon Australia Account Manager for this year 2024.

As your dedicated Account Manager,

私は、2024 年に貴社の新しい Amazon Australia アカウントマネージャーになります。

貴社の専任アカウントマネージャー

月間売上8万2千ドル

月間売上2万ドル以上の会員さんに、この担当が付くメールが来ています。

日本やアメリカの例だと、新しい国のアカウントを作った際に実績がある下駄を履かせる処理をして貰ったり、テクニカルサポートがうまく行かない時のサポートをして貰えたりします。

無敵のカタログ

Amazon輸出12月の売上6万ドル(850万円)(利益率30%)利益250万円

アメリカは前年に比べて数量は129%増、売り上げ金額が181%増でした。

Transparencyで相乗り排除できたカタログでライバルがいなければ売値を1.5倍にできた。

売れ続けるカタログ(★が1000個)超えるとそのカタログは広告しなくてもランキングがほとんど動かないので無敵です。

稼ぐなら商標登録→ブランド登録→Transparencyは必須ですね。

amazon相乗り排除の威力

月売上 49,136ドル (743万円)

3商品で月売上594万円

赤線が2023年の売上、青線が2024年の売上

相乗り全然されません。

あなたも相乗りされない無敵のカタログを作って同じように稼ぐことが可能です。

どれくらいの時間がかかるかは個人差があります。

商標登録

Amazonでの販売で相乗りを排除する商標登録をしてブランド登録をするのが有効です。

商標登録に掛かる、おおよその費用はアメリカ20万円弱、オーストラリア8万弱が目安です。

1月の利益で相乗り排除が出来るなど有利な展開が出来ます。

商標は本来は既に使っている商標を守るために登録するものです。

しかし、実際に商標登録をしてみるとAmazonでの販売で有利な進め方は原則とはチョット違う事が分かって来ました。

実際にあった例

あらかじめ取得した商標を使ってAmazonにブランド登録をしようとしたが拒否された。

Amazonにブランド登録していた商標が未登録のためにライバルに商標登録をされた。

いずれも対策をしていれば防げた事例でした。

商標登録に興味があればお気軽にご相談ください。

デュアルディスプレイ

アマゾン輸出デュアルディスプレイを使って商品探しをしています

アマゾン輸出デュアルディスプレイを使って商品探しをしています

コードを使ってパソコン2台をつなげる方法もあります。

2台のパソコンをケーブルでつなぐだけでデュアルディスプレイにするケ-ブル
タイトルとURLをコピーしました